HARUKANAとマチス

日曜日の夕方です。

こんにちは。誰ですか?そろそろサザエさん症候群が…なんてつぶやいているのはw

今日は自宅からこの文章を書いています。

明日、私たちの初めてのシャフトが発売されます。

遥か彼方へ飛んでいけ!との思いを込めたフラッグシップモデル

「HARUKAKANATA E - HARUKANA -(通称) 」。

今日は、このシャフトのデザインができた経緯をお話させていただければと。

この写真の方、アンリ・マチスという画家です。

 wikipedia掲載画像

フォーヴィズム(野獣派)に属し、色の魔術師と言われる20世紀を代表するフランスの画家です。

実験的で精力的、そして自由に表現するそのスタンスと色と形。

私たちのシャフトデザインも、その思想にあやかって

デザイナーさんと話を進めながらデザインしていきました。

何度も何度もやり直しました。

マチスには遠く及びませんが、今までのシャフトデザインにはない色彩とフォルムができたのではないかと思っています。

ティーグラウンドに立った時に、とってもモチベーションが上がるデザインになってのではないかと思っています。

いつかお目にかかけれれば幸いです。

 

では、よい日曜日の夜を!

 

 

 

 

 

 

はじめまして。

はじめまして。

 

スリリングです。

この度シャフトメーカーとしてスタートいたしました。

少し、私たちのこと紹介させてください。

私たちは今まで大手シャフトメーカーに勤めていました。

そしてそれぞれの経験と強みを生かして

多くのゴルファーの方に楽しみ提供できればと思って起業しました。

3人で始めました。

だから、社名を 3つの輪、スリーリング=THREE RINGにしました。

私たちができる限りのことをして、この輪が、多くのゴルファーの楽しみの輪に広がれば幸いです。

今後とも、どうぞよろしくお願いします。